スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
棒杭や 四街道の 冬木立
12月19日(土)

棒杭や 四街道の 冬木立

正岡 子規の句碑が四街道駅前広場に建てられています

古くから人が集落を作り暮らしたこの街から古墳時代の品々が沢山掘り出されています

石棺の蓋に使われた石は筑波山の石で石岡の恋瀬川を下って運ばれたものと

土浦の桜川を下り双方とも香取の海を船で渡り運ばれたものらしい

二十三年前に初めて四街道を訪れて街中を走りながら目にしたものは

ふるさと茨城牛久で当たり前の様に目にしていた落花生の殻を積み上げたボッチでした

十八歳の11月末に茨城牛久を出て忘れ掛けていた光景が目の前に広がってる

聞いたら落花生は
四街道から八街に広がり利根川渡り茨城に向かったと言われました

茨城牛久は落花生の産地で子供時分から ボッチを見ながら育ちました

見知らぬ街から一転して愛着を持つ街に見方を変えた瞬間でした

ふるさと茨城からその四街道の市の花のサクラソウの苗を運んで一大拠点を造り上げる事が出来て

実家の庭にもサクラソウが広がり母親を喜ばせています

四街道で手に入れた カレー造りは茨城つくばに残す事が出来ました

古墳時代四街道とつくばは香取の海で繋がっていた古の 繋がり再び 手繰り寄せて
| 小坂商店 | ◆ 四街道サクラソウ物語 ◆ | 08:30 | - | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:30 | - | - | -
http://curry-kosaka.jugem.jp/trackback/8520