スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
風の茶トン
130807_0535~040002.jpg
久し振りに外の空気を味わいながら

しっかりと足を踏み出せるかどうか確認をしています

約2週間のブランクはととも長く感じてるが

まだまだ身体が付いて行かない
まだまだ身体が思う様に動かない

ちょっと動くと疲れ具合が違いすぎる
こんな筈じゃ無かった筈なんだが

午前9時に電話を入れたら
何時も通りに動きを再開しないと

縄張りが待ってるなんて
気取った事を言いたいが

空を見上げて気合いを入れている

金曜日の朝はドンより曇っています
| 小坂商店 | ◆四街道・千葉関連情報◆ | 08:58 | - | trackbacks(0) | -
平成は終わる
170419_1152~010001.jpg
平成は終わる

パッと浮かんだのが この言葉です
平成29年の次は何になるのか

価値観どころか
時代も世の中も大きな変化に向かい進んで行くと確信して居ます

身の回りに自然な形で
大きな区切りと変化進化への道筋がしっかりと現れて来ています

今までの価値観やら 考え方ではこの進化スピードについて行けない

どれだけ身の回りの 足かせになってる部分を削ぎ落せるか

どれだけ自分自身の身を軽く出来るかが 鍵になって来ます

3月9日から始まった
大きな変化の波になるのか嵐になるのか
脚が故障して動けなくなったり
流れの外にはじき出されたりしたが

妙に冷静に見つめる目線を持てた
妙に冷静にジッとしてた

今日4月20日から 動きを再開したのは 26日の誕生日まで 残り一週間に何か有るからか

昨年4月25日から 始まり
今年の4月26日で 道筋は見えて来るのか

少なくとも現在進行形の道筋を進んでいるのを感じてる

得るは捨つるにあり
舞い降りたこの言葉通りに進化して生きよう
| 小坂商店 | ◆四街道・千葉関連情報◆ | 07:31 | - | trackbacks(0) | -
四街道はるのガーデンにて
170419_1248~010001.jpg
久し振りはるのガーデンに顔を出す

ママさんに無事に
世間に出て来れた事を伝えて

お勧めのローストビーフの入ったスパゲティを頼んだら

食べてる内にムクムクと
メニュー開発スイッチがオンになる

飲食店経営者の道を シャットダウンしたのは遥か前なのに

感性だけは鮮度の良い状態でストックされてるのか

次々とメニューアイデアやら
販売戦略が浮かび上がって来てしまう

四街道の街でカレーやと呼ばれ
茨城県では大きな舞台に立って居た筈なのに、

カレー造りをすっかりしまい込んでしまった

それも進化の一歩なのかな
| 小坂商店 | ◆四街道・千葉関連情報◆ | 07:09 | - | trackbacks(0) | -
千葉市栄町交差点のたこ焼き屋さん
170419_1747~010001.jpg
毎週水曜日の楽しみは栄町交差点のたこ焼き屋さん

千葉市中央区の営業所に通う様になり
昔とははガラリと変わった栄町に驚いたが

寂しい栄町交差点に 人集りの絶えないたこ焼き屋を見つけて好奇心が湧き上がってしまう

試しに食べたら、
木の皮の船に乗ったたこ焼きがふんわりしっとりしてて実に美味い

あれ以来病み付きになってしまった
周りはパルコも無くなったし

近くの千葉三越も3月20日で閉店してしまったし

取り残された様な
千葉市栄町交差点に 人集りが出来るたこ焼き屋が有る

時代の変化進化の
スピードは増すばかり

来年の今日はどんな風に此処に立っているんだろう
| 小坂商店 | ◆四街道・千葉関連情報◆ | 07:00 | - | trackbacks(0) | -
風の茶トン
130923_2051~010002.jpg
羽を休める様に穏やかな表情の茶トンの姿がある

こんな表情を残して居たんだ
そんな画像が沢山有るんだが、

残念ながら、
茶トンと写した画像が一枚もない
| 小坂商店 | ◆四街道・千葉関連情報◆ | 05:55 | - | trackbacks(0) | -
風の茶トン
130914_0552~030001.jpg
歩き方は分かっていても
歩く足の痛みは分からないだろう

歩きたくても歩けない辛さと
歩きたくても歩けないジレンマと

歩けと言うならば
歩ける様にして欲しい
歩けと言うならば
歩けない今を理解して欲しい

道の険しさや
道の通さを並べては居ない

明日からと区切りを付けて
明日からと自分を奮い立たせる

自分自身に負けて居ない
自分自身に言い訳を選んでない

再び一歩踏み出す事が
再び一歩踏み出す勇気を持つ事が

一本の矢を希望に向かって打つ事で
一本の矢に沢山の縁を繋げる事である

| 小坂商店 | ◆四街道・千葉関連情報◆ | 05:20 | - | trackbacks(0) | -
復帰します
170412_0934~010001.jpg
4月19日(水)

午前4時を時計の針が午前4時を廻った所で何時も通りに目覚めました

今朝は昨夜の倫理経営講演会に引き続いての
千葉市花見川区倫理法人会のモーニングセミナーですが

今日19日まで
仕事も含めて全ての予定を欠席として有ります

3月9日(木)
四街道市倫理法人会の倫理経営講演会当日に16号線長沼交差点で交通事故に遭遇し

4月7日リハビリ開始したら
失敗したのか痛みで歩けなくなり仕事を含めて全ての予定を休みとする

明日は自単会の
四街道の経営者の集いが開催されます

栃木県倫理法人会県南地区の佐藤 節子地区長が千葉まで来て下さいます

同じ関東甲信越グループの茨城県から林幹事長が応援に駆け付けて下さる予定になっています

4月20日から
真っ青な車で活動再開を致します

偶然にも昨年4月24日の
経営者の集いには茨城から小野 修後継者倫理塾長が四街道を訪れて

翌日25日のモーニングセミナーの後に 第2のふるさと船橋で運命的な出会いと出来事が有りました
多分更に進化する
その進化ポイントに向けての出来事の重なりなのか

運命センサーが察知しています
26日に誕生日を迎えますピントはそこにピッタリ合って居るのかな

流れを見極めよ
流れに飛び乗るタイミングを誤るな
波は直ぐそこまで押し寄せている

こんな声が聞こえて来ました
| 小坂商店 | ◆四街道・千葉関連情報◆ | 05:06 | - | trackbacks(0) | -
おだかたよりが届きました
170417_1239~010001.jpg
千葉市中央区蘇我のおばあちゃん先生の歯医者さんに行く時に

何部にしようかな? 5部位持って行ってしまえと車に積み込んだ

昨日福島県南相馬市小高プラットフォーム広畑さんから届きました

毎月毎月南相馬市小高から
千葉市花見川まで送られて来ます

電車のストップした 小高駅前で黙々と花壇の手入れをしてるひとりの女性と出会った

駅前の双葉旅館の小林さんと
三年前の夏に突然亡くなった岡林会長と三人で撮った写真が出て来た

会長に小高駅前を中心にして
希望の花言葉を持つ四街道市の市の花サクラソウを植えましょうよ

偶然にも茨城県阿見町で育てて貰った千株が芽を生やしてる時でした

一年 二年 三年と苗を植えて増やし続ければ

特別な苗では無くなり
当たり前の苗になり 地元に定着する筈

大雪や塩害や様々な出来事を繰り返したが

今では町のあちこちに当たり前の様に花が咲いてます

こぼれた種からも芽が当たり前の様に出る様になりました

先週末だったか
四街道の相方に電話を入れたら

脚の具合が悪く通い始めた
佐倉の病院で週に二回小高の病院で患者を見続ける医師と再会したとか

今でも四街道と他と 福島県相馬市小高を行き来し続けているらしい

小高の病院の花壇にもサクラソウをこの秋に届ける事を約束して来たらしい

東日本大震災から
早いもので六年が経過しましたが

当たり前の様に小高に通い続けて
当たり前の様に希望の花言葉を伝えて行きたい

今日に希望をもとう 明日に希望をもとう
これを見たのが茨城牛久から松戸市五香に到着した時

瞬間的に閃いたのが
希望は強く願えば必ず叶う

あれから四十二年の月日が流れたが
希望はずっと繋がり続けています
| 小坂商店 | ◆四街道・千葉関連情報◆ | 05:51 | - | trackbacks(0) | -
風の茶トン
130914_0552~020001.jpg
雨に風をプラスすると外に出る気力が無くなり

それを二乗すると
今朝の様の天候になるんだろうか

雨風に見まわれた
二日間連続の行事を早々と言うのか

3月から4月に掛けてのアクシデントは 殆どの行事から足を遠退ける

偶然にしては余りにも出来過ぎの様に空白を生み出し流れを変えて行く

茶トンが旅立つ前もそんな感じで
縄張りに向かうにも迎えずに

静かに縄張り方向を眺めていた
ただジッと眺めて居ました

茨城つくばに通い続ける大きな支えになってくれた

その茶トンが旅立つタイミングを迎えるなんて

三年前と同じ様な心境に陥ってる
この感覚は何だろうか、
| 小坂商店 | ◆四街道・千葉関連情報◆ | 05:49 | - | trackbacks(0) | -
雨と共に降りて来た言葉
170416_1613~010001.jpg
4月18日(水)

午前5時に左膝と
脚の痛みで目を覚まして

言葉の盛り付けに神経を集中する
ポカリスウェットをコップ一杯飲んで血中濃度を薄める

浮かんで来た言葉が 足元の石の色さえ見つめられずに
遠くの石を見つめる 目線の悲しさ

石の上に三年の言葉は本当なのか
石の上に三年座り続けた所で得るものはなし

意志を持ち三年その場に座り続ければ
座る石も周りの景色も変えられる

人は皆自分の強い意志を持ち生きるものであり
人は迷いの中で座り続けても何も得るものなし

雨風が吹き荒れて
強い気圧が我が身に 試練の様に痛みをもたらしても

我が心は強い意志を持ち続け
我が想いは真っ直ぐ前を見据える

雨よ風よ強く音を立てて吹き荒れよ
雨よ風よ怒り狂った様に暴れれば良い

天は我に苦難と痛みと共に
見極めと見切り時の 場面を与えてくれた
見極めよ
強い雨風の中に必ず一筋の一本の光が差して居る筈だ

見極めよ
強い雨風の音の中に聞こえる声が有る筈だ

天から降りて来た言葉を記しました
| 小坂商店 | ◆四街道・千葉関連情報◆ | 05:39 | - | trackbacks(0) | -